ストレートネック 枕 人気

ストレートネックに対応の枕 人気のアイテムをご紹介

ストレートネックに対応の枕をご紹介します。
人気の枕もあります。

 

 

ストレートネックに対応の枕は、就寝の時に普通に使用するものと、ストレートネックを矯正するために数分間だけ使用するものがあります。
選び方にご注意下さい。
就寝用と矯正用の枕を合わせてご紹介します。
あなたの枕選びのご参考になさって悩みを解消して下さい。

 

既にストレートネックの方は矯正用を、予防を考えている方は就寝用が良いのではないかと思います。

 

ストレートネック用の枕でなく、一般の枕を使用する際に注意をすることがあります。
高さの高い枕は仰向けや横向きの時に首への負担が掛かりますので、ストレートネックの方は避けたほうがよさそうです。
低反発や高反発枕に限らずです。

 

では、低い枕を使用すればいいのかというと、ストレートネックの方の首の湾曲状態は個人差があります。
低すぎると、寝返りなどで横を向いた時に首に負担が掛かります。
改善の方法は、低い枕を使用して、枕と首の間にタオルやバスタオルなどサイズを合わせて挟み、自分にあった高さの調整をする必要があります。
タオルは頭ではなく首の下の隙間に敷きます。
いわゆる首枕です。

 

いきなりジャストフィットにはなりませんので、可能ならば毎日試しながら快適なベストな高さに調整をしてみるといいのではと思います。
20〜30分くらい試してみてから就寝なさったほうが、高さ調節が失敗して余計に首が痛くなるリスクを回避できます。
ただし、タオルで作った簡易的な枕ですから形が崩れやすかったり、反発力が無いという欠点があります。

 

 

就寝時に使用できる枕

就寝時に使用できるストレートネックの方用の枕です。
寝ながら使用できるから、毎日続けて使用することが出来て便利です。
首への負担を軽くして、またサポートして眠りを心地よくするタイプの枕です。
ストレートネックを予防するタイプの枕なので、真っすくな首を改善するタイプの枕ではありません。
既に、ストレットネックになっている方は、就寝時に使用する枕でなく、矯正タイプをご利用をおすすめします。

 

 

「スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕」

この枕は首を自然に反らせて心地よい根姿勢を保てる枕です。
形状はヘッド部分とネック部分で構成されていて、ヘッド部分はくぼみ部分の構造が頭をしっかりと包み込みます。
頭が当たるヘッド部分の高さは約6センチです。
首が当たるネック部分の高さは約10センチです。

 

ある有名な通販「R」のランキングで1位を獲得した人気の枕です。
また、各種のメディアでも取り上げられた人気のアイテムです。
ストレートネックを予防したい方向けです。

 

※この枕は医療用ではありません。
また、ストレートネックを治すことを保証する商品でもありません

 

  1. 首にあたるウレタンの突起によりマッサージ感覚がある
  2. お好みの高さに調整できる
  3. 吸水速乾性に優れた生地を使用
  4. 安心の日本製

 

ミュラキュラスクールを使用した専用枕カバーが別売ですがあります。

 

 

低反発タイプで硬め、臭いやムレを抑える男性用タイプはこちらです。
硬めなので寝返りも楽にできます。

 

 

モチモチのマシュマロ生地、丸みを帯びた形、オリジナルアロマオイルを染み込ませたパイプを使用している女性用タイプはこちらです。
生地の肌触りがいい人気の枕です。
ご自宅で洗濯をすることも人気ポイントです。
素材にこだわったオーガニックコットンのカバー、ミュラキュラスクールのカバー、オアシスロードのカバーが別売りであります。

 

どちらの枕もギフトラッピングが出来ますので、お父さんやお母さんへプレゼントとすることも出来ます。

 

 

リンクルフリーピロー

ASMOTのリンクルフリーピローは、頸椎部分を支えつつ頭部を包み込むように沈めることによって首のラインを保つ枕です。
首筋のラインを気になさっている女性にぴったしの枕です。

 

※この枕は医療用ではありません。
また、ストレートネックを治すことを保証する商品でもありません

 

  • 肩のラインに沿ってカーブが包み込む形状
  • 中綿は毛玉状のつぶ綿を使用
  • 中綿が偏らないアーチサポート仕様
  • カバーと枕本体がセット
  • カバーはスクワラン配合の繊維「パポリス」使用し低刺激
  • 枕本体とカバーはウォッシャブル

 

詳細などは公式サイトをご覧下さい。
公式サイトから「枕」のページ、そして「リンクルフリーピロー」ページへお進み下さい。

 

 

ストレートネックを矯正する枕

ストレートネックを矯正する枕です。
湾曲を失い真っすぐになった首を改善したいという方向けの枕です。
ストレートネックな首をリセットして湾曲を付けるという矯正タイプの枕です。

 

すでに首の湾曲がなく、ストレットになっていて肩こりなどの症状が出ている方向けの枕です。

 

矯正タイプは寝るときに使うタイプの枕ではありません。
寝具ではありません。
どちらかというと健康器具です。
一定時間ストレットなどの時に使用する枕です。

 

 

 

「スローコアピローpro-EX」

スローコアピローは運動補助用具(健康器具)です。
首をけん引しならがストレッチをして矯正する枕です。
枕とスローコアエクササイズがセットになった商品です。
エクササイズがセットですから我流にならないで済みます。

 

  1. 特種発泡ウレタンを使用しているので長寿命
  2. ストレートネックに無理なくアプローチ
  3. 寝て出来るからとっても簡単
  4. 短時間で効率よくアプローチできる
  5. 揺らす・緩める・整える

 

詳細やご購入は公式サイトをご覧下さい。
↓     ↓     ↓

 

症状はどんなものか

ストレートネックとは、通常はS字に湾曲している首の骨が真っすぐほぼ直線状になってしまっている状態です。
首は頸椎から骨がS字になっていることで、頭の重さを支えていてたり、頭に体が受けるショックが伝わるのを和らげています。
首は湾曲することで頭の重さを分散させて、湾曲ばバネの役割をすることで、頭にショックが伝わるのを和らげています。
つまり、首の骨がS字状になっていることによって緩衝効果があるのです。

 

しかし、ストレートネックの状態になっていると、緩衝効果が弱くなります。
また、頭の重さを首の骨だけでなく、肩や背中にまで掛かってしまいます。
その結果、首の痛み、肩の痛み、めまい、頭痛などの症状を発症させてしまうといわれています。
もちろん、首の痛みなどの症状はストレートネックが必ず原因ということではありません。

 

ストレートネックの方にでる症状の1つです。

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 目の奥が疲れる
  • 顎の痛み
  • 肩こり
  • 首の痛み
  • 首が動かない
  • 寝違いやすい
  • 吐き気
  • 手や腕のしびれ
  • 自律神経失調症
  • 脱力感ある

このような症状が出ているとストレートネックが原因なのかもしれません。

 

ストレートネックの調べ方

上記の症状がはあればもしかしたらストレートネックが原因なのかもしれません。
では、どのようにしたら調べることができるかというと、整形外科に行ってレントゲンを撮影してもうことが一番確実です。

 

どうしてもご自身で確認したい場合は、セルフチェックの仕方が何通りがあります。

 

一つ目は、後頭部、肩甲骨、おしり、かかとを同時に壁に付けて立ってみてください。
もし、顎を上げずに壁に後頭部が付かない場合は、ストレートネックの可能性が高くなります。

 

二つ目は、上を向いて首に違和感や痛みを感じるとストレートネックの可能性があります。

 

 

ストレートネックの原因

パソコンやスマホを使用する機会がひと昔前と比べると増えてきています。

仕事でパソコンを使用するようになってきましてた。
電車の車内や待ち合わせの時など日ごろからスマホを使用するようになってきました。
画面を見つめますので、目線がツイツイ下向きになってしまいます。
また、使用する時間も長時間になる場合があります。
それと同時にストレートネックで悩む人も増えてきています。

 

スマホやデスクワークなどが原因となるのは姿勢が悪いからです。
一方で、バレエやダンスをやっていて姿勢が良いのにストレートネックになることがあります。

 

 

ストレートネックの影響

 

ストレートネックの厄介な所は、今は自覚症状がなく、そのまま放置してしまっている方が多いのです。

 

スマホやパソコンを使用して姿勢が悪くなっていると、首の湾曲が無くなり頭の重さや外部からのショックを分散したり和らげられなくなります。
そうなると、首や肩の筋肉に影響が生じて首コリや肩こりや頭痛が発症したり、不眠や自律神経失調症や慢性疲労といった体の不具合が生じるリスクが高まります。
ストレートネックに自覚症状があまりないので、逆にこのような症状が発症して、調べてみるとストレートネックであったことが判明するケースもあります。

ストレートネックの状態だとリラックスして眠れないことがあります。
肩や首に力が入っていたり、体が緊張状態のままであったり、痛みやしびれによって睡眠が浅くなることあります。
緊張状態がほぐれないから、起床しても首や肩が余計痛くなったりします。

 

 

ストレートネックの状態を我慢して放置しておくと、頸部脊柱管狭窄症になるリスクが高まります。
頸部脊柱菅狭窄症は本来なら加齢により筋肉が衰えて圧迫などによって発症するので中高年の方がなる症状です。

 

しかし、ストレートネックによって若年層にも頸部脊柱管狭窄症にかる方がいます。
ストレートネックによって起こるのは、脊柱管が狭くなる症状です。

 

具体的にどんな痛みなどが出るかというと、首筋や肩甲骨周囲に強い張りや痛み、肩こりが起こります。
それから、首から肩や腕や手にかけて痺れや痛みが出ます。
手の力が入りにくくなることもあります。

 

日常生活に支障をきたす可能性がありますので、非常に危険です。
早めに対策をとったほうがよさそうです。

 

ストレートネックのタイプ

@猫背タイプ
多くの方のストレートネックは猫背タイプです。
頭部が前に出ていて姿勢が悪いです。
姿勢が悪いから頭部が前に出てしまっていると言ったほうがいいかもしれません。
耳の穴と肩とのラインが一直線になるのが正常なのですが、猫背の肩は肩のラインより耳の穴のラインが前に出てしまっています。

 

A垂直タイプ
バレエやダンスなどのスポーツをやっていて姿勢を矯正している方に出るタイプです。
首の湾曲が無くなっているのがストレートネックです。
姿勢を矯正するので、首の湾曲が無くなってしまうと、ストレートネックの状態になってしまうリスクがあります。
スポーツをやっていたから姿勢が悪くないのに、首や肩が痛いというかたは疑ってみてはいかがでしょうか。

 

Bその他
レスリングなどの格闘技を行い、その時の衝撃によってストレートネックになることがあります。
あとは、転倒や衝突による衝撃によってストレートネックになることもあります。

 

 

 

対策を考える

ストレートネックは日頃の習慣によって症状が悪化します。
対策は日ごろの生活のなかでツイツイやってしまっていることを気を付け意識して改めてゆくことが大切です。
瞬時に治すことができるという症状ではありません。
人気の治し方のようなものはありません。

 

姿勢を見直す

対策の1つは、姿勢を正すように心がけることです。
パソコンやスマホを操作している時に下向きになっているようなら、姿勢を正したり、たまに伸びをしてみてはいかがでしょうか。
ただし、既にストレートネックになってしまっている方は、無理に姿勢を正したりすると症状が悪化する可能性がありますのでご注意を。

 

ストレッチをする

ストレッチをするのも対策の1つです。
ストレッチをすることによって、筋肉を柔らかくします。
血流も良くなります。
筋肉を柔らかくしたら、次に正しい姿勢に戻すストレッチをします。

 

整体院や整骨院に通院する

人気のストレッチはこんなものですというものはありません。

 

そのため、正しいストレッチってどうやるのという方は、整体院や整骨院の先生に指導を仰ぐのがよいと思います。
誤った形や情報でストレッチをして症状を悪化させたら元もこうもありません。
整体院は整骨院と異なり費用が高くなるのが難点です。

 

 

他に、今回ご紹介したストレートネック用の枕を利用してみるのも1つの対策です。
最近は、色々なアイテムが販売さていて人気の枕もあったりします。
価格も様々です。
ただ、症状を改善するものと、予防する枕がありますので購入する際に選ぶのにはご注意が必要です。